> > 梅雨と親知らず?? 

梅雨と親知らず?? 

梅雨と親知らず?? 

真夏のような暑さが続いたり、ちょっと肌寒かったり、じめじめとしたり、何とも言えないお天気が続いておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

もうすぐ梅雨の時期になりますが、お天気の悪さが身体の不調、また精神的に気持ちが。。なんて方は意外と多いのではないでしょうか。

実際歯茎のムズムズや親知らずの痛み・虫歯の痛みを訴えてご来院される方もございます。
それには梅雨時期の気圧の変化、低気圧などが関係していると言われています。

気圧の変化により、自律神経の乱れや血流不全を引き起こし、肩こり・偏頭痛・吐き気・親知らずの痛み(歯茎・虫歯の痛み)などが起こります。
前歯の真ん中から数えて、 2番目まで【切歯】 3番目まで【犬歯】 4・5番目まで【小臼歯】 6・7・8番目まで【大臼歯】 大臼歯の一番奥の第3大臼歯を親知らずと呼んでいます。
親知らずの生え方などにより痛みがあったりなかったりと人それぞれで、あまりにも痛みがあれば抜くことをおすすめいたしております。
親知らずのポイントは
磨きにくい・口臭の原因になりやすい・歯槽膿漏になりやすい・虫歯になりやすい また、虫歯・智歯周囲炎・歯並びの悪化・顎関節症の原因となりかねません。

デメリットばかりのようですが、まずはどのように親知らずが生えているか一度レントゲンをしてみるのも良いと思います。

ご来院心よりお待ちしております。



月初めには保険証の提示ご協力下さいませ。